NFT初心者向け|CryptoNinja Partners(CNP)購入手順

CNPっていうNFTが流行ってるけど詳しく知りたい!

CNPのNFTはどうやって購入すれば良いの‥?教えて!

オススメの仮想通貨取引所を教えて!

CNP(CryptoNinja Partners)は2022年5月15日リリースされた合計22,222体のジェネラティブNFTです。これらのNFTはすでに販売開始後2時間ですべて完売し、現在は唯一OpenSeaから入手できます。

この記事では、これからNFTを始める初心者向けにオススメのNFT「CNP」を購入するために次の点を解説していきます。

  • CNP(CryptoNinja Partners)とは?
  • CNP NFTの購入方法
  • NFT購入にオススメの仮想通貨取引所

この記事の内容をそのまま実践すればかんたんにCNPを購入できます。ぜひ、お試しください。

NFT購入への一番の関門は仮想通貨取引所の口座開設です。現在、業界最安手数料のGMOコインで口座を開設していち早くCNPを購入してください。

\ 手数料無料!最安運用の仮想通貨取引所 /

タップできる目次

CNP(CryptoNinja Partners)とは?

CNPはコミュニティ「Ninja Dao」で生まれた、CryptoNinjaのサブプロジェクトです。ジェネラティブNFTとして22,222体が発行されています。

ブロックチェーンETH(イーサリアム)
販売数22,222体
プレセール2022年5月15日(日) 9:00
パブリックセール2022年5月15日(日) 18:00
規格ERC721A
販売価格0.001ETH(別途GAS代要)
公式サイトhttps://www.ninja-dao.com/cnp
CNPの概要
ジェネラティブNFTとは?

NFTコレクションを成形する1つの手法。
画像の構成パーツをAIのアルゴリズムによってランダムに組み合わせることでNFT作品を自動生成する。

CNPのキャラクターは4種類

現在のところCNPのキャラクターは4種類。これをベースに22,222体がジェネラティブ生成されています。

  1. シャオランのパートナー「リーリー」(パンダ)
  2. ハヤテのパートナー「ミタマ」(幽霊)
  3. セオリのパートナー「ナルカミ」(鷹)
  4. 蛇の目のパートナー「オロチ」(白蛇)

LEELEE(リーリー)

NARUKAMI(ナルカミ)

MITAMA(ミタマ)

OROCHI(オロチ)

CNPを購入する3つの理由

NFT売買初心者に打って付けの作品

CNPはこれからNFTのコレクションを始める人にオススメのNFTです。国内でもっとも活動な盛んなDAO(NonjaDAO)の作品なので長期で安心して保有できるNFTとなります。

さらに、CNPを保有することでNonjaDAOのコミュニティ内でスムーズに活動できることでNFTなどの扱うWeb3のリテラシー向上に役立ちます。

\ 誰でも無料で参加できます! /

今後NinjaDAOからリリースするNFTを先行で購入できる

NinjaDAOでは、今後CNPからの派生プロジェクトが続々登場するとのこと。CNPしていれば新規にローンチするNFTを初期値で購入するチャンスが増えます。

値上がりを期待したり、TwitterでGiveAway企画をしたりNFTの用途は多くあります。

NinjaDAOの活動をサポートする「パートナー」になれる

NINJA DAOは日本を代表する世界で活躍するDAOですが、CNPのホルダーになることでNINJA DAOの価値観が共有されることで、NINJA DAOのパートナーとしてコミュニティーを通じてNFTビジネスの活動の場が広がります。

NFT購入の3つのリスク

NFTをコレクションの目的ではなく資産運用を目的と考えている場合は、次のリスクを考慮して売買してください。

ETHの値下がりリスク

NFTはほとんどの場合ETHで取引されるため、ETHの通貨価値が低下するとNFTの価値につながるので、ETHの動向にも注意が必要です。

NFT売買の値下がりリスク

NFTがリリースされた当時は注目され高値で取引されていたが、時間が経つにつれて注目度が下がりそのものの価値が低下するリスクがあり、NFTの将来性を考慮して購入する必要があります。

高額のNFTに手を出さないことが、一つのリスク回避の手法です。

ガス代高騰のリスク

ETHのブロックチェーンの利用にはガス代と呼ばれる手数料がかかってきます。一度のOpenSea上の取引に数千円程度かかることが一般的なので、低額NFTの短期トレードで利益を得るのは難易度が高いです。

NFT初心者は、長期的に価値の上がりそうなNFTのコレクションがオススメです。

ガス代を節約するために、CNPの売買はできませんがETHではなくMATICでNFTを売買する方法があるので、NFT初心者の方はこちらも参考にしてください。
初心者でも簡単|Polygon(MATIC)ネットワークチェーンでNFTを売買する手順

CNPの購入方法

STEP
ETH(イーサリアム)を用意

仮想通貨取引所に口座開設してETHを購入してください。

本サイトでオススメの仮想通貨取引所は業界最安の手数料で仮想通貨を運用できる「GMOコイン」です。主要仮想通貨取引所の手数料比較はコチラです。

\ 手数料無料!最安運用の仮想通貨取引所 /

STEP
ウォレットを用意

次にETH(イーサリアム)をNFTマーケットプレイス(OpenSea)で売買するためにウォレット(お財布)を準備します。

仮想通貨のウォレットは複数種類がありますが、NFTの保管ができるウォレットとして利用者がもっとも多いMetaMask(メタマスク)がオススメです。

スマホからMetaMaskを利用する方法

スマホからは専用アプリからMetaMaskが利用できます。

MetaMask - Blockchain Wallet

MetaMask – Blockchain Wallet

MetaMask無料posted withアプリーチ

PC・MacからMetaMaskを利用する方法

PC・Macからは、Chromeブラウザの拡張機能から利用可能です。

どこでも使えるスマホ版の利用がオススメ

STEP
MetaMaskにETHを移動

ETHをGMOコインなどの仮想通貨取引所からMetaMaskに移動が必要です。仮想通貨取引所のウォレットからMetaMaskのパブリックアドレス宛にETHを移動します。

STEP
OpenSeaでCNPを購入

OpenSea上のCryptoNinja Partnersのトップページにアクセスして、My WalletにSTEP2で用意したMetaMaskと接続することで自由にOpenSea上のNFTが購入できます。

オススメの取引所:GMOコイン

主要仮想通貨取引所の手数料を比較

国内の主要仮想通貨取引所の手数料を比較は以下の通りです。仮想通貨の売買は取引所形式を使うことでもっとも経費がかかりません。

結論として現在のところ、もっとも仮想通貨取引経費が少なく、入出金手数料、仮想通貨送金手数料が無料のGMOコインがオススメです。

\ 手数料無料!最安運用の仮想通貨取引所 /

販売所形式で売買するとスプレットが広くなり、仮想通貨取引所が提示する売値と買値の差額分が損失となります。

スクロールできます
GMOコインDMM BitcoinCoincheck
入金手数料 無料
(振込手数料は自己負担)
無料
(振込手数料は自己負担)
無料
(振込手数料は自己負担)
出金手数料無料
最低出金額:1万円
無料
最低出金額:2,000円
407円
取引所形式手数料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
提供なし無料
販売所形式手数料
スプレットが広い
無料無料無料
BitMatch注文
BitMatchとは?
非対応対応非対応
主要仮想通貨の送金手数料無料無料変動
BTC最低取引金額0.0001 BTC0.0001 BTC500円相当
取扱仮想通貨21銘柄15銘柄17銘柄
オフィシャルサイト公式サイト公式サイト公式サイト
仮想通貨取引所比較
取引所手数料

取引所形式で仮想通貨を売買する際に発生する手数料

Maker : 注文板にない注文を出し売買取引に流動性を持たせる注文方法
Taker : 注文板に既に並んでいる注文を約定させる注文方法

取扱仮想通貨比較

国内の主要仮想通貨取引所3社の取り扱い仮想通貨は次の通り。GMOコインやCoincheckはマイナーな仮想通貨を扱っていますが、NFTを購入は基本的にETHで行うためどの仮想通貨取引所を選んでも大丈夫です。

スクロールできます
GMOコインDMM BitcoinCoincheck
ビットコインBTC
イーサリアムETH
イーサリアムクラシックETC 
リップルXRP
ライトコインLTC
ビットコインキャッシュBCH
ベーシックアテンショントークンBAT
ステラルーメンXLM
ネムXEM
クアンタムQTUM
オーエムジーOMG
チェーンリンクLINK
ポルカドットDOT
エンジンコインENJ
テゾスXTZ
コスモスATOM
エイダADA
メイカーMKR
ダイDAI
モナコインMONA
シンボルXYM
リスクLSK
ファクトムFCT
アイオーエスティーIOST
パレットコインPLT
取扱仮想通貨比較

【Q&A】よくある質問と回答

BitMatch注文とは

DMM Bitcoinが提供するユーザー同士の取引を成立させる注文方法です。メリット、デメリットは以下の通り。

メリット
デメリット
  • 多少のBitMatch注文の取引手数料がかかるが、スプレッドが狭く成約できる
  • 取引相手が見つからない場合、販売所形式の売買となりプスレッドが広くなる
ウォレットにMetaMaskを使う理由

仮想通貨取引所のウォレットは、NFTを保管する機能がないためNFTを保管する機能があるMetaMaskを利用します。

MetaMaskに保管してあるNFTは、OpenSeaでの売買以外にも、NFTゲームのプラットフォームなどとMetaMaskを接続することで簡単に利用できます。

まとめ

本記事では、CNPの購入のために初めてNFTを購入する手順を解説してきました。仮想通貨取引所の口座を開設すれば、誰でも簡単にOpenSeaで購入できるのでぜひ試してみてください。

仮想通貨取引所は現在国内では数十社ありますが、本サイトでは2022年現在、業界最安の手数料で誰でもかんたんに取引できるツールを提供する「GMOコイン」がオススメです。

\ 手数料無料!最安運用の仮想通貨取引所 /

本記事のまとめ
  • CNPはCryptoNinja(クリプトニンジャ)のサブプロジェクト
  • CNPはマーケットプレイス「OpenSea」で購入できる
  • NFT購入にオススメの仮想通貨取引所は業界最安手数料の「GMOコイン
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次
閉じる