OnCyberで仮想美術館を作る方法|保有NFTのギャラリー化手順解説

「OnCyberで仮想美術館を作れるって聴いたけど?教えて!」

「自作NFTでギャラリーを作りたい!どれすればよいの?」

「保有するNFTで仮想美術館を作りたい‥!」

仮想通貨で購入可能なブロックチェーン上のNFTは投資化やコレクターにさまざまな用途で保有されていますが、実はNFTは仮想美術館として展示公開することもできます。

この記事では現在保有のNFT作品を仮想美術館での展示を考えている人たちに向けて、次の項目について解説していきます。

  • 仮想美術館についての概要
  • 仮想美術館の目的・用途
  • OnCyberで仮想美術館を制作する手順

結論として仮想美術館の用途は無限大です。ぜひ、この記事を参考にいただいて独自の仮想美術館の制作をしてみてください。

タップできる目次

仮想美術館とは何か?

まず、日本で初めて設立されたNFTを展示する仮想美術館は「NFT鳴門美術館」ですが、この美術館を管理運営する「一般財団法人NFT鳴門美術館」は、美術品及びアート作品に関するNFTの発行、審査、販売(一次販売)、流通(二次販売)ができるNFTのマーケットプレイスも併せて提供します。

美術館の機能の大半はバーチャルな手段で実現できるという発想で仮想美術館は誕生しました。箱物美術館と比べて格段にローコストなのが主なメリットですが、将来社会に定着するかは今後の課題です。

NFTの発行から展示、販売まで、NFT作品を総合的に運用する美術館として「NFT鳴門美術館」が日本初となりますが、実は同様の技術を用いて個人でも仮想美術館を制作することができます。

現在のところ仮想美術館制作サービスとしてもっとも普及しているのが「OnCyber(オンサイバー)」というサービスです。「NFT鳴門美術館」と「OnCyber」のサービス提供の違いは次の通り、OnCyberはNFTの展示のみに特化したサービスとなります。

NFT鳴門美術館
仮想美術館 on OnCyber
  • 法人でNFT発行
  • 法人でNFT審査
  • 法人でNFT販売
  • 法人でNFT保管
  • 法人でNFT展示
  • ブロックチェーン
    BSC
  • OpenSeaでNFT発行
  • OpenSeaでNFT審査
  • OpenSeaでNFT販売
  • WalletでNFT保管
  • OnCyberでNFT展示
  • ブロックチェーン
    ETH/Polygon/Klaytn

OnCyber(オンサイバー)について

OnCyber(オンサイバー)は、メタバース(仮想空間)上に自身が保有しているNFTアートを飾って、仮想のオリジナル美術館を作ることができるサービスです。

メタバース(Metaverse)とは
メタバースとは、多人数が参加可能で、参加者がその中で自由に行動できる、通信ネットワーク上に作成された仮想空間のことである。

https://japan.zdnet.com/glossary/exp/%E3%83%A1%E3%82%BF%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9/?s=4

仮想美術館の目的・用途

OnCyberを利用した空間の自由度は高く、クリエーターの作品の宣伝はもちろんのこと個人の交流の場など、さまざまなシチュエーションでの利用が想定されます。

仮想美術館の目的・用途

・クリエイターによる自作NFTの宣伝【商売目的】
・転売目的で収集したNFTの展示【商売目的】
・趣味の海外や写真をNFT化して展示【交流目的】
・コレクターとしての展示の場【交流目的】
・美術館のデジタル化【低コスト化】

日本人作 仮想美術館 on OnCyber

アーティスト

Poki’s Gallery

Crypto_Nekosan_NFT

Cute girls collection

コレクター

kaiketsu’sArtSpace

OnCyberで仮想美術館を作る手順

解説手順の前提として以下のWalletの内いずれかのアカウント登録が完了しているものとして解説していきます。
MetaMask / Coinbase Mobile / WalletConnect / Fortmatic / Bitski/ Tezos / Nifty Gateway

STEP
OnCyberとWalletの紐付け

まず展示物としてNFTを取り扱う関係上、Walletとの紐付けが必須となります。まずは「OnCyber」にアクセスしてログインボタンを押すと紐付けするWalletを問われます。

Walletとの接続が完了したら次のステップに進んでください。

多くの方はすでに「Metamask」をWalletとしてすでに利用していると思いますが、まだアカウント登録していない場合は次の記事で解説しているのでご覧ください。
初心者でも簡単|Polygon(MATIC)ネットワークチェーンでNFTを売買する手順

STEP
OnCyberで3D Spaceを選択

Oncyberのログインが完了すると3Dスペース作成に進みます。まずは無料で使えるスペースを選びましょう。

STEP
3D SpaceにNTFを展示

美術館スペースの選択が終わるとイーサリアムやポリゴン、Klaytn(クレイトン)のETF作品の展示が可能です。

展示時に「展示サイズの変更」「NFTにフレーム付与」「メモを追加」などの設定をします。

STEP
3D Spaceを公開する

【Your Link】から//oncyber.io/~以降のディレクトリ名を設定することで、自身の3D Space設定が完了となります。設定したOnCyberのURLはあなた独自のページとなりSNSにリンクをシェアしてお使いください。

仮想美術館制作まとめ

この記事では保有のNFTを仮想美術館を準備して展示する手順について解説してきました。メタマスクなどのWalletにOnCyberを接続するだけで簡単に仮想美術館を制作することができます。

作成した仮想美術館サイトのリンクURLアドレスをTwitterや管理メディアで展開することで自分で作成した仮想美術館を公表して集客することができます。

仮想美術館にはさまざまな使い道があります。ぜひ適宜アレンジして自分独自のギャラリーをSNSを通じて世界に公開してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次